家賃の保証制度を利用|サラリーマンに大人気!将来の為に不動産投資を行なう人が増加中

サラリーマンに大人気!将来の為に不動産投資を行なう人が増加中

家賃の保証制度を利用

積み木

マンション経営などにおいて、大きなリスクとなるのが空き部屋となることです。購入におけるローン返済は、家賃収入で賄うことになります。その収入源を失うことで、ローン返済を自腹で行うことになります。自宅の家賃やローンとは別に支払うことで負担が増すわけです。そこで利用できるのが、家賃保証制度です。これは管理会社が部屋を借り上げる形で、賃借人がつかなくても家賃を支払うというものです。周辺相場の家賃よりもかなり低い金額となりますが、差額は保証料として考えることができます。そしてこのような安定収入を得ることで、ローン返済の心配がなくなります。ただし周辺の賃貸需要の状況などにより、利用できない物件もあるので注意が必要です。

家賃保証はマンションやアパートを貸す経営を行う場合に、安定収入を得ることにつながるものです。周辺の家賃よりも安い金額ですが、空き部屋となった場合の出費を考えると決して悪くはない条件となります。また、必ず得られる収入なので資金計画も立てやすくなります。賃借人がいる場合の家賃滞納といったケースとも無縁なので、心理的プレッシャーからも解放されます。また家賃保証は複数の業者から見積もりを取ることができるので、条件の良い業者と契約を結ぶことができます。またアパートを売却する際には、安定した利回りを提示できることで条件良く買い手を探すことができます。このように家賃保証を上手く活用することにより、様々なメリットを受けることができます。